記事一覧

レスター・ワンダーマン『ワンダーマンの「売る広告」』

今回は本の紹介です。
個人的には、広告代理店、
とくに通信販売の広告を扱う広告代理店の、
バイブルじゃないかと思っています。

「広告は単に好意を形成するだけでなく、
 利益を得るための投資にならなければいけない」
「個々の顧客や見込み客に対し、
 一人の対象としてコミュニケーションをとる」

最初の日本語訳が出版されたのが1998年なので、
さすがにSNSについてはまだ語られていませんが、
文脈としてはSNSは外せないツールと言えるでしょう。

「インターネットでは双方向の対話が可能であるため(中略)
 買い手と売り手の長期間の関係を強化するような(中略)
 ビジネスになってきている」

しかし、買い手と売り手がつながっても、
広告代理店が不要になったとは言わない。

「ダイレクトな売り手と買い手の情報ベースの対話において、
 我々(広告代理店)は引き続き統合的役割を担わなくてはならない」

広告代理店というモノを生み出さない仕事に、
意義があることを語ってくれた、
私の羅針盤となった本です。

広告代理店だけではなく、
消費者とのコミニュケーションに関わる方すべてにオススメです!

絶版になっているのが残念ですが、
古本で何冊か流通しています。
(どこかKindleで再販してもらいたいものです。)

ワンダーマンの「売る広告」
レスター・ワンダーマン
翔泳社
売り上げランキング: 52563

はじめまして

本日よりお届けする和広ブログでは、
新聞などのメディア、通信販売を中心とした流通、
地方の話題などについてお伝えしていきたいと思います。

震災後、景気が悪化したままだというお話を、
通信販売をされている取引先の方からよく聞きます。

広告の費用対効果がすぐに数字で表れる通信販売だからこそ
(大方の企業さんが震災前の2分の1)、
広告代理店にも、
その数字が意味するものがいままでとは違うと感じさせます。

しかし、そんなときだからこそ、
危機感を抱きながらも、知恵を出し、
前向きな姿勢で仕事に取り組まなければと思っています。

このブログだけでなく、FacebookやTwitter、
そしてホームページそのものが、
通信販売を、メディアを、地方を、
そして日本を盛り立てたいという方々が集う場になるように。

そのために、できるかぎりオープンに、
そして皆さんが和広の枠組みを越えて交流できるように。

“和”が“広”がる。
そんなブログ、ホームページをつくっていきたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

ページ移動

@2012 WAKO Co.,Ltd. All Rights Reserved.