記事一覧

ファッションショー

ファイル 37-1.jpeg

お初です!WEBチームの平良と申します。

11月に入り朝晩の冷え込みが身に沁みる時節となりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
私の自宅近くの緑道では紅葉が少しずつ色づき始めております。
もう少し秋が深まり木々を唐紅に染めるようになったら、
窓から見える紅葉を肴にお酒を飲むことが私の近日中の楽しみです。

さて先日ですが、
学生時代の友人の「秋と言えば食欲!読書!スポーツ!芸術!そして学園祭だろ!?」
という迷台詞のもと、某専門学校の学園祭に行ってまいりました!
年に1度、模擬店やらフリーマーケットやらライブやらコスプレ・オタ芸やらで
学園内外の人たちと合法的にわいわい盛り上がれる(?)
もとい日頃の活動の成果を発表する機会ということもあって、
各出展団体の皆様はとても気合が入りまくっておりました。

そんな中私が注目したのは、学生主催によるファッションショーです!
企画・デザイン・制作から演出まで全ての運営を学生自らが手がけているイベントらしいのですが、
制作した衣装を実際に着用してランウェイを歩くモデルも学生というのですから驚きです。
今年のテーマは「欧米ファッションの移り変わり」で、
オールドからコンテンポラリーに至るまで次々と華やかな服や奇抜な服に身を包んだモデルたちが歩いておりました。
ランウェイをモデルが歩いている途中、後ろにQRコードが照らし出されたのですが、
なんとこのQRコードを読み込むよって、ファッションショーでモデルが着用していた服を購入できるらしいのです!
常にトレンドを生み出し販売促進に繋がっている某コレクションでも既にこういった試みが行われているのですが、
学園祭という1つのコミュニティの中で学生自らが発信し“インフルエンサー”に近いことを行っているのがスゴイと感じました!
ショーが終わった後、衣装を購入したファッショニスタは果たして現れたのでしょうか…気になります笑

以上、最近ボルダリングにハマりはじめた平良がお送り致しました。

WEBチーム 平良

コメント一覧

@2012 WAKO Co.,Ltd. All Rights Reserved.